寸法の計り方
 
横廻り
縦廻り
S(小) 53~55cm 60~65cm
M(中) 56~58cm 66~68cm
L(大) 59~61cm 69~71cm
LL(特大) 62cm以上 72~74cm
 

 
胴寸法の計り方
 
内寸法
ウェストサイズ
S(小) 34~36cm 60~75cm
M(中) 37~38cm 75~85cm
L(大) 39~40cm 85~95cm
LL(特大) 41~42cm 95cm以上
  

 
甲手の測り方 甲手寸法-
手の縦と横廻りの大きさを測ります。


 
2号 160cm
2.5号 165cm
3号 170cm
3.5号 175cm
4号 180cm
22号(紐下83cm) 155cm
23号(紐下87cm) 160cm
24号(紐下90cm) 165cm
25号(紐下94cm) 170cm
26号(紐下98cm) 175cm
27号(紐下102cm) 180cm
28号(紐下106cm) 185cm
   
剣道防具の名称
 剣道具の各部名称
 
お手入れ方法
 お手入れ方法
面 使用後は、乾いた布で汗を拭き取り、風通しの良い所で乾かします。特に頬輪のアゴの部分は最も濡れていますので、丁寧に拭いて下さい。時々は、日光に当てて消毒することも必要です。(日光に当て過ぎない様に注意) 面は頭部を保護する重要な防具です。面金のガタつき・曲がり等は、常に注意し、異常がある時は直ちに当店にご相談下さい。
胴 使用後は乾いた布でから拭きが基本です。本漆塗革胴はから拭きをこまめに行い、汗・脂等の汚れがひどい時はせっけん水を軽く染み込ませた布で拭き、その後に乾いた布で拭き取ります。収納時は巾決めの棒を入れると変形を防げます。
甲手 甲手は最も痛み易い部分です。使用後は形を整えて、風通しの良いところで日陰干しにします。革を痛めますので日光に当てることは絶対に避けて下さい。甲手は濡れている時が革が一番弱くなっています。替え甲手を用意し、乾いた甲手を使うこともそれぞれの甲手を長持ちさせる“こつ”です。
垂 垂は垂帯と胴の当たる部分の痛みが早いです。使用後は、風通しの良い所で垂紐のしわを伸ばして乾かします。
 
このページの先頭へ
森武道具のこだわり

商品カテゴリー抗菌防具ムッシュボー
痛くない!楽拳
高級手刺剣道具セット
中高生・一般用剣道具セット
面・甲手
剣道衣
剣道袴
寸法のはかり方
剣道具の各部名称
お手入れ方法



  




プライバシーポリシー  特定商取引法に関する記述

copyright©2011 森武道具株式会社. all rights reserved.